Railway gun

Web系企業に勤めるサラリーマンが書くブログ。技術に関してだったり他の物だったりします。

read.tableでのfactor型生成を防ぐ方法

read.tableは各種の外部データを読み込んでくれる非常に便利な関数だが、
そのまま使うと、Factor型で読み込みが行なわれてしまう。

今までFactorで読み込んだ後文字列に直していたが、
読み込むときにオプションをつければその手間は防げる事に今更気づいた。

例えば、Tabで区切られたtxtデータを読み込む際には、

read.table("xxx.txt"sep="¥t",stringsAsFactors=F)

のように

stringsAsFactors

をFALSEにしてやれば文字列として読み込みを行なってくれる。