Railway gun

Web系企業に勤めるサラリーマンが書くブログ。技術に関してだったり他の物だったりします。30代になりました。

【登山】富士山登ってきた③ ~装備調達編2~

前の記事から、すでに3か月が経過‥。ブログを書くことも中途半端な自分・・。

あれから子供が生まれたり、登山にハマって装備が死ぬほど強化されたり色々ありましたが、まだこの記事は「登山なんてやるもんか!」って思ってた頃の自分なので振り返って書きます。

3:雨具を買う~続き~

とりあえず、靴は買ったので、モンベルのお姉さんと相談しつつ雨具選び。
登山用の雨具のセオリーもググったところ「とにかくセパレートが基本。」とのこと。

セパレートとは、雨ガッパのような頭から足まで覆う形ではなく、普通のジャケットとズボンのように上下別に分かれている雨具の事を指すようです。

こういうのはダメらしい。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61y8N0YbhfL._UL1500_.jpg


また、防水性だけでなく、透湿性とやらが無いと体力を消耗するとの事。透湿性ってなんやねん、という話ですが、体から出る蒸気を外に逃がしてあげる機能を言うようです。これが無いと、

  1. 中が蒸れてレインウェアの中が濡れる。
  2. シャツが濡れると保温が出来なくなるので寒くなる。
  3. 寒くなると体力が失われる。

という論理だそうな。要するに外からの雨だけでなく、中の水分を出す事が重要ってことですね。

この透湿性と防水性を両立したのが、靴選びでも登場したゴアテックスですね。とりあえず、ゴアテックスのセパレートを選べばいいんやろが、という考えに至り、↓を買いました。

webshop.montbell.jp

webshop.montbell.jp

モンベルゴアテックス雨具の中では入門モデルらしいですが、富士山以外登る気が無かった私にとっては十分です。

4:その他もろもろを買う

これで三種の神器(登山で重要な3つの道具)とやらは揃いました。これでもういいやろ、と思ったのですが、モンベルに来る前に見たネットの情報では

「富士山は夏でも寒いし風が強い。手先とかが冷えるから防風の手袋は絶対必要。」
「日差しはそれだけで体力を奪うから帽子もいるぞ!」
「靴下は厚手の登山用のやつを履け!」
「トレッキングボールがあると楽だぞ!」

とか書かれていたので、こうなりゃついでに買うかという事で買いました。

手袋はそのままモンベルで購入。クッソ高いゴアテックス製の手袋もあったんですが、

私「ゴアテックスの手袋とかいるんですか?」
スタッフさん「いやー、防風のやつで十分じゃないですかね?富士山は岩場で手をつくこともあるのであったほうが良いとは思いますよ。」

とのことなので↓を購入。

webshop.montbell.jp


で、帽子と靴下も同じくモンベルで購入。帽子もゴアテックス製の高い奴があったんですが、

私「雨降ったときとかのために帽子もゴアテックスのが良いんです?」
スタッフさん「いや、お客さんの買った雨具にはフードついてますからそれで充分です。」
私「確かに

とのことで日差し除けとして↓を購入。靴下は特に変哲もない厚手のやつを買いました。
(探検家の帽子みたいで地味に気に入っている)

webshop.montbell.jp

トレッキングポールもモンベルで買おうと思ったのですが、見たところ結構そこそこの値段がするようでしたので、Amazonで売ってるノーブランドのやつを買えばいいや‥。という事でモンベルでは買わないことに。

5:最大の誤算

ここまでモンベルでそれなりの装備を買ったところ、合計5万円ちょっとの出費。一度しか行わない登山に対しては地味に痛いですが、まぁ、一生に一度だしいいか、という事で購入。ここで最大のミスをしてしまいました。

スタッフさん「合計〇〇円ですね。メンバーズカードは持っていますか?」
私「いや、持ってないです。」
スタッフさん「年会費1500円なんですが、お作りします?」
私「いや、要らないです。(もう山なんか登らんし。モンベルに来ることもないし。)」
スタッフさん「お客様の購入分だと1500円以上のポイントが付くのでお得ですよ?」
私「いや、いいです。

最大の誤算とは、ここでメンバーズカードを断ったことです。結果論ですが、今の私はモンベルのメンバーズカードを持っていますし、モンベルで大量の登山グッズを購入しています。

ここでの買い物はかなり大きかったので、このポイントがあればもっと山道具が買えた、というどうしようもない誤算です。

もし、これを読まれている方が同じような状況になったとしたら、会員になっておくべきです。登山は結構楽しいし、登山に興味が出なかったとしても、モンベルは優秀な防寒着なども取り扱っているので損はたぶんしません。どうか覚えておいてください。それだけが わたしの のぞみです。